目次

 

皮膚科でデリケートゾーン脱毛

 

デリケートゾーンの脱毛をしようと考えた時、脱毛サロンか美容皮膚科でするか迷ってしまいますね。デリケートな場所なので、医師がいる皮膚科で脱毛をした方が安心できると感じる人も少なくはないでしょう。人によって濃い薄いはありますが、デリケートゾーンには誰にでも色素沈着があります。その部分に脱毛器の特殊な光をあててしまうと痛みや熱を感じやすく、サロンなどでは光の強さを低くして出来るだけ痛みが少なくなるように照射しています。ところが、光が弱いために脱毛効果もそれだけ低くなり、何度も繰り返し通わなくてはならなくなります。それに対して皮膚科では、医師がいることで麻酔をして痛みを軽減することが出来ます。その分レーザーがしっかりと反応しやすく、脱毛効果が高いのが最大のメリットです。麻酔が痛いのではないかと不安な人は、塗る麻酔というのもあるようです。どちらにせよ、デリケートゾーンの脱毛はデリケートな場所なだけに多少の傷みはつきものです。不安な人は皮膚科の先生に相談すると良いかと思います。皮膚の専門の先生なので、ありとあらゆるトラブルにも対応してもらえると思います。

 

デリケートゾーン脱毛を麻酔を使って

 

デリケートゾーン脱毛を麻酔を使って脱毛する方法があります。それは塗る麻酔です。クリニックで施術すれば、麻酔を施してくれます。デリケートゾーンの毛は、大体、太くてしっかり生えています。そのため、レーザーが非常に反応しやすい部分でもあります。デリケートゾーン脱毛は、脱毛効果が期待できる部位なので、ある意味、キレイにすっきりさせることができます。しかし、その反面、デリケートな部分ということもあり、痛みはかなり強くなります。痛みに敏感な人にとっては、辛い施術になります。そこで、デリケートゾーン脱毛を麻酔を使ってする方法がおすすすめできます。麻酔をすることで、患者の負担を軽減することができます。脱毛時に局所麻酔すれば、脱毛の痛みがかなり楽になります。麻酔クリームの使用はおすすめで、痛みを軽減するだけでなく、肌を守ることができます。デリケートゾーンは、とても敏感な部分で痛みを強く感じやすいので、麻酔クリームを使用しましょう。肌を守り、痛みを和らげるジェルを塗ってレーザーを照射すれば、約1ヶ月で生えていたムダ毛が抜け落ちていきます。快適にデリケートゾーン脱毛するなら、麻酔を使いましょう。

 

デリケートゾーンを永久脱毛

 

デリケートゾーンを永久脱毛すると、色々なメリットがあります。見た目がツルツルでキレイになり、衛生面でも大きな効果があります。生理の時の嫌な臭いや蒸れが解消されます。デリケートゾーンを永久脱毛すれば、日々の面倒な自己処理に手をわずらわすこともありません。キレイになって衛生的になるので、云う事なしです。ただ、エステでのデリケートゾーン脱毛は、ハッキリ言って永久脱毛とは言い切れません。永久脱毛と言うと、1度脱毛したら二度と毛は生えてこないというのを想像しますが、その保証は実はありません。一般に、エステでは光脱毛を主流としていますが、この方法は、どちらかと言うと痛みを軽減した脱毛法であり、永久脱毛効果は低いのです。そのため、再び生えてくる可能性があります。医療系ではない脱毛サロンでは、永久脱毛はできないことになっています。また、医療レーザー脱毛でデリケートゾーンを脱毛したとしても、永久脱毛できるかどうかはわかりません。本格的に永久脱毛したいのであれば、ニードル脱毛がおすすめです。毛穴に直接針を刺して毛を抜いていくので、デリケートゾーンをしっかり永久脱毛することができます。但し、痛みと費用に関するリスクが大きいです。