目次

 

Vラインの手入れ・仕方

 

Vラインとは、脚の付け根から性器にかけてのラインのこと。ここには性器を守るための毛が生えているのが普通です。性器を守るというきちんとした役割があるゆえ、本来ならムダ毛とはいいがたいこの毛ですが、水着やセクシーなショーツを身につけたとき、裾から毛がはみ出して困ってしまうという悩みを抱える女性は、多いものです。そう、Vラインのムダ毛は太く濃くしかも縮れていることがほとんどなので、まとまらずにはみ出してめだってしまうことがほとんどなのです。しかしその手入れは、簡単ではありません。デリケートな部位ですから、カミソリや毛抜きでほかの部位同様の処理をしていると、思わぬ炎症が起こってしまいます。自宅でできるVラインの手入れとして最も安全なのは、除毛クリームか電動シェーバーになるでしょう。除毛クリームは化学物質なので敏感肌の人には不向きですが、表面に出ている毛を溶かすだけなので毛穴に炎症は起こりにくいです。また電動シェーバーは、肌あたりが柔らかいのでカミソリよりもはるかに安全です。皮膚の表面を余計に削り取ってしまう心配もありません。とはいえ、余裕があればやはり脱毛サロンにお願いするのが一番。Vラインの脱毛はちょっと恥ずかしいのですが、それでも、数回通うだけで毛の量がかなり少なくなるのではみだしの恐れは和らぎます。軽くなでるだけで程よくまとまるようになるので、お泊まりデートも安心です。さらに回数を重ねて脱毛コースが完了するころには、いらない部分の毛だけまったく生えないようになっているので、自宅での継続したお手入れは不必要になり手間いらずになります。

 

 

デリケートゾーンをパック

 

デリケートゾーンは、自分で思っている以上に黒ずみやすく、汚く見えやすい部位です。アンダーヘアを処理することに躍起になっていて皮膚の質まで目が行き届かない人は多くいるようですが、実は、アンダーヘアの処理をすればするほど、デリケートゾーンの皮膚は黒ずみやすくなってしまうというジレンマがあります。過度の刺激を与えられると皮膚は、自分を守ろうとして角質を厚く硬くしてしまう傾向があるのです。おまけにデリケートゾーンは垢もたまりやすく、また下着で蒸れやすいなど、とかく汚れやすい部位。積極的にクリーンにする努力が不可欠なんです。おすすめは、デリケートゾーンのパックです。デリケートゾーン用のパックなんてあるの? とびっくりするかもしれませんが、何も特別なものはいらないのです。用意するのは、石鹸と化粧水、そして紙のシート。まず石鹸の泡を良く泡立てて、デリケートゾーンにたっぷりのせ、そのまま三分待ちましょう。これだけで、黒ずみのもととなる汚れや匂いをかなり落とすことができます。天然ハーブ配合のジャムウハーバルソープの利用が最適です。洗い落としたら、顔と同じように化粧水をぱたぱたつけ、たっぷりの化粧水をしみこませた紙シートをvラインにのせてまた三分おきましょう。要するに、顔と同じようなケアをしてあげるということです。刺激の強い成分が入っていない美顔シートがあれば、それをvラインにしようするのもいいでしょう。

 

 

デリケートゾーンのトリートメント

 

女子たるもの、アンダーヘアのごわつきは絶対に無くしておきたいもの。アンダーヘアといえども、男性が見て驚かないような、ふわふわとやわらかく滑らかな毛質を目指したいものです。そんなときおすすめなのが、アンダーヘア専用の、デリケートゾーントリートメント剤の使用です。デリケートゾーントリートメント剤は、縮れて固く広がりがちなアンダーヘアを、柔らかくするするさらさらな指通りに変えてくれるトリートメント剤です。髪の毛にリンス剤をつけるのと同じと考えれば、わかりやすいでしょう。現在、オンラインショップなどを中心に、デリケートゾーンのトリートメント剤は多数市販されています。デリケートな部位に考慮した安全な成分でできているものが圧倒的なので、誰でも安心して使用することができるでしょう。毎日使っても肌に刺激がなく、きちんとアンダーヘアをケアしてくれ、おまけに良い香りのついたものも多いので、ベッドタイムが楽しみなること間違いなし。セルフケアで毛先がチクチクするようになってしまった時の使用にも、おすすめできますよ。稀に頭に使うリンスやトリートメントをそのままアンダーヘアに用いる人がいますが、これは刺激が強すぎて炎症の原因となりますから、必ずデリケートゾーン専用のトリートメントをえらんでください。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンなどのクリーム

 

多くの女性のデリケートゾーンにまつわる悩みといえば、ごわごわと広がる剛毛です。ショーツからのはみ出しをふせぐため、せっせとカットしたり剃ったり、ワックスなどで抜いている人が多いと思います。しかしそういったセルフ脱毛をしていると今度は、ケアをした部分が黒ずんでしまうことも多くあるようです。もともとvラインはデリケートな部位なので、ちょっとした脱毛の刺激にも角質を固くして、黒っぽくなってしまいがちなのです。そんなデリケートゾーンの黒ずみには、ハイドロキノンなどのクリームでアフターケアをするのがお勧めです。漂白剤とも呼ばれるほど、協力な還元作用をもつハイドロキノンは、vラインだけでなく乳首などの黒ずみにも有効であることがわかっています。また、脱毛による黒ずみでなくても、生まれつき、ホルモンバランスで黒ずんでいる場合、衣服のこすれによって黒ずんでいる場合にも、ハイドロキノンは効果を発揮してくれます。ただしその効果の分、ハイドロキノンは皮膚への刺激も強いことがわかっています。敏感肌の人の使用、脱毛直後の使用は控え、少しずつ気長に使っていくのがいいでしょう。 

 

 

デリケートゾーンをピーリングするなら

 

デリケートゾーンの黒ずみは、女性同士であっても中々相談しにくく、一人で悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。では、なぜデリケートゾーンに黒ずみが出来てしまうのか。一つ目に下着や洋服による摩擦が考えられます。外部から刺激を受けた肌は防御反応を起こします。メラニンを生成し、ターンオーバーを早めて角質層を厚くします。中でもデリケートゾーンは、下着のゴム部分が常に触れている状態にあり、身体が動く度、摩擦による刺激を受けているのです。このように摩擦によって引き起こされる色素沈着を摩擦黒皮症と呼び、皮膚の深い部分に色素が定着しているのが特徴です。そして角質層が厚くなってしまう現象を過角化と呼び、これもデリケートゾーンの黒ずみになっているのです。二つ目の原因としてカミソリなどを使用したセルフ脱毛による刺激や炎症が挙げられます。このような処理方法も、デリケートゾーンに刺激を与えてしまうため、色素沈着や過角化を引き起こしてしまいます。つまり、デリケートゾーンの黒ずみを解消するのであれば、外部からの摩擦や刺激を避ける必要があるのです。そこで推奨されるのはピーリングです。肌へ与える刺激が極めて少なく、手軽に簡単に自宅でも行うことができます。古い角質、分厚くなってしまった角質を取り除くことで、肌の生まれ変わりを促すことが出来ます。やがて黒ずんでしまった皮膚は除去され、キレイなデリケートゾーンを取り戻すことが出来るでしょう。

 

 

デリケートゾーンを美白にするための口コミ情報

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでる人は多く、多くの方が美白ケアの方法について、口コミサイトで頻繁に情報交換を交わしています。最近ではデリケートゾーンギリギリまでカットされた水着や下着も増えているため、お洒落を楽しむため、美白ケアは欠かせません。黒ずみの原因は下着や衣類による刺激にあります。外部から摩擦や刺激を受けた肌は防御反応を引き起こします。その結果。メラニンが過度に生成されてしまい、更に角質層も分厚くなってしまうのです。デリケートゾーンを美白にするための対策として、ターンオーバーを促す方法が口コミ情報でも広く浸透しています。黒ずんでしまった肌の角質層を取り除き、新たに作られる肌には刺激を与えないようにケアを行い、デリケートゾーンの美白を手に入れるのです。角質層を除去する方法は様々です。ピーリングを利用するのであれば、可能な限り低刺激のピーリング剤を選びましょう。スクラブ入りのボディーソープで洗うのもおすすめです。しかし、この場合にも肌への負担を考慮し、数日間の間隔をい空けて行うようにしまよう。大切なのは過剰な刺激を与えずにターンオーバーを促すことです。半身浴やサウナで汗をかくのも、全身の新陳代謝へ効果が見込めるため、一石二鳥かもしれませんね。口コミ情報の中には美容皮膚科を利用する方もいらっしゃいます。デリケートなゾーンということもあり、人前で晒すことに躊躇してしまう方もいるかもしれません。けれど、病院を利用することは最も確実で安全な方法かもしれません。自身に合ったやり方でデリケートゾーンを美白にしましょう。

 

 

デリケートゾーンをつるつるに

 

最近、デリケートゾーンをつるつるにする人が増えています。これは、アメリカによる影響によるものとされています。アメリカでは、セレブを中心として、女性の間で流行っていて、いわゆるハイジーナ脱毛というやつです。これは、デリケートゾーンをはじめ、iラインやoラインまでつるつるにするというものです。日本人は、恥ずかしがり屋の国民なので、こうした処理を取り入れるのには抵抗があったのですが、海外のセレブ女性の間で流行ったことから、今では日本の一般女性もちらほらするようになりました。見た目がすっきりするだけでなく、衛生的で、つるつるにすれば、蒸れや臭いを解消することができます。脱毛サロンでは、デリケートゾーンの形を自在にすることができますが、手っ取り早いのがつるつるにする方法です。デリケートゾーンの形をハート形やタマゴ形など、可愛らしい形にする人も多いのですが、技術のいる作業なので、経験や実績のある脱毛サロンでお願いしなければいけません。その点、つるつるにしてしまえば、ムダ毛処理に悩むことはなくなります。ただ、一度デリケートゾーンをつるつるにしてしまうと、元に戻すことはできないので、慎重に考えてやらなければなりません。

 

 

デリケートゾーンにタトゥーを入れるなら

 

デリケートゾーンにタトゥーを入れるならば、事前にエステやサロンでムダ毛の処理を行うことをおすすめします。毛が生えている状態でもタトゥーを入れることは可能です。その際は彫師によって、剃るなどの処理が行われます。けれどもタトゥーを入れてしまった後では、エステやサロンでの脱毛が出来なくなってしまいます。多くのエステやサロンで採用されているフラッシュ脱毛は、脱毛効果をもたらす光が皮膚にある黒いものに反応する仕組みをもっています。照射された光はメラニン色素をもつ毛母細胞に反応し、刺激を与えます。よって、新たに生えてくる毛を抑制し、脱毛の効果をもたらすのです。つまり、肌にタトゥーなどの黒いものがあれば、それに対しても反応してしまう可能性があるのです。火傷などのトラブルが懸念されるため、フラッシュ脱毛を採用している大概のエステやサロンでは、タトゥーや刺青が施されている部分への脱毛施術を断っています。タトゥーのデザインを台無しにしてしまうだけでなく、肌トラブルも引き起こしてしまうのです。なので、事前に脱毛処理を行っておくことをおすすめします。カミソリなどの自己処理でも、トラブルリスクが高く皮膚を傷つけてしまいます。これでは目的であるタトゥーも入れられなくなります。まずはフラッシュ脱毛でキレイなデリケートゾーンを手に入れ、その後、タトゥーを入れるといいでしょう。

vラインの手入れ・仕方関連ページ

vラインのお手入れ・ケア(形や長さなど)