目次

 

デリケートゾーンの黒ずみ

 

デリケートゾーンの黒ずみにお困りの方は少なくありません。美白クリームを塗っているのに中々改善されない…など、一体どうしたら良いのか?そもそも、どういったことが原因でデリケートゾーンは黒ずんでしまうのでしょうか。デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因のひとつに、下着や洋服を身に着けた際に起こる摩擦があります。そういえば、デリケートゾーンはショーツやパンツを履いた際には必ず布が当たっている部分ですよね。残念ながらデリケートゾーンは歩くたび、動くたび、座っている時でさえ摩擦が起こっている部分です。皮膚は摩擦などの刺激を受けることにより、メラニンを生成します。そのため刺激を受けやすい部分であるデリケートゾーンは黒ずみやすい環境に置かれてしまいます。これを防ぐには、なるべくゆったりした下着やパンツを選ぶようにすることがおすすめです。他にも、デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因のひとつにセルフ脱毛により起こしてしまった炎症や皮膚のトラブルがあります。セルフ脱毛をする際には、肌を傷めない正しい方法でしっかりとアフターケアをする必要があります。肌にトラブルがあった際には、速やかに対処するように心掛けましょう。

 

 

デリケートゾーンが汚い

 

夏のデリケートゾーンのお悩みは水着を着る方にとっては面倒事のひとつではないでしょうか。デリケートゾーンが汚いと水着を着る時にはもちろん、着替えをする時にも気になってしまうものですよね。デリケートゾーンが汚いという悩みで多いのは、色素の沈着です。黒ずんでしまった肌にお困りの方は少なくありません。また、ブツブツや埋没毛などの毛穴のトラブルもあります。こういったデリケートゾーンが汚くなってしまった原因にはお手入れの仕方にありました。エステなどでの処理とは異なり、自分でお手入れをする際にはカミソリで剃ったり毛抜きで抜くなどといった処理をする方が多いです。中には除毛クリームなどを使用する方もいます。これらのお手入れの方法は、デリケートゾーンにとっては大変刺激の強いものです。皮膚へ強い刺激を与えてしまい、その後アフターケアをしていないことがデリケートゾーンを汚くしてしまう原因となります。もちろんデリケートな肌の方は、こういったことをしなくても下着の擦れで汚くなるケースもあります。自分でお手入れをする際には肌を出来るだけ傷めないように注意をすることが大切です。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因

 

デリケートゾーンの黒ずみにお困りの方は少なくありません。美白クリームを塗っているのに中々改善されない…など、一体どうしたら良いのか?そもそも、どういったことが原因でデリケートゾーンは黒ずんでしまうのでしょうか。デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因のひとつに、下着や洋服を身に着けた際に起こる摩擦があります。そういえば、デリケートゾーンはショーツやパンツを履いた際には必ず布が当たっている部分ですよね。残念ながらデリケートゾーンは歩くたび、動くたび、座っている時でさえ摩擦が起こっている部分です。皮膚は摩擦などの刺激を受けることにより、メラニンを生成します。そのため刺激を受けやすい部分であるデリケートゾーンは黒ずみやすい環境に置かれてしまいます。これを防ぐには、なるべくゆったりした下着やパンツを選ぶようにすることがおすすめです。他にも、デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因のひとつにセルフ脱毛により起こしてしまった炎症や皮膚のトラブルがあります。セルフ脱毛をする際には、肌を傷めない正しい方法でしっかりとアフターケアをする必要があります。肌にトラブルがあった際には、速やかに対処するように心掛けましょう。

 

ワキやデリケートゾーンの黒ずみを消す方法

 

皮膚の中でも黒ずみが気になる部分にワキやデリケートゾーンがあります。このワキやデリケートゾーン、実は女性の多くがカミソリなどでの剃毛処理を行ったことがある部分ではないでしょうか。実はこのカミソリによる剃毛処理が黒ずみの原因になっているということはご存知でしょうか。カミソリによる剃毛はどうしても皮膚に負担がかかります。一見何の変りもないようでも、皮膚では炎症が起こっており、それが繰り返されることで皮膚を守るためにメラニン色素が集まってきて黒ずみとなってしまいます。つまり、黒ずみを消すためにはまずカミソリによる剃毛処理をやめるということが大切になってきます。だからといってムダ毛処理をしないわけにはいかないと感じますよね。そこでお勧めなのはフラッシュ脱毛によるムダ毛処理です。実はフラッシュ脱毛はムダ毛処理ではなく光エステの効果もありますので、お肌が活性化して黒ずみを消すこともできるそうです。ムダ毛処理と黒ずみ解消の両方を行うことが出来ますので、ぜひフラッシュ脱毛での処理をしてみてはいかがでしょうか。ワキやデリケートゾーンは比較的低価格で施術が受けられますよ。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみは重曹で落ちる?

 

最近、スキンケアに重曹を使用するという方が増えています。え?あの重曹?と思われがちですが、もちろん掃除などに用いる種類のものではなく、スキンケアで使用されるのは食用の重曹となります。安価で入手しやすい重曹は、その万能さ故に魔法の粉とも言われているほどです。では、スキンケアとして重曹を使用する場合、どのような効果が期待できるのでしょうか。歯のホワイトニングや、ダイエットを始め角質除去効果が重曹の主な効果と言われています。重曹は水に溶かすとアルカリ性になります。アルカリ性となった重曹は主に、毛穴の黒ずみを溶かす効果があります。また、古い角質や皮脂汚れなどを落とす効果もあります。そのため、肘などの部分にはペースト状にして塗るように用いられますが、デリケートゾーンの黒ずみには実際のところの効果は薄いようです。デリケートゾーンの黒ずみは、重曹の得意とする毛穴の汚れや角質を除去するといったことが主となる原因でない場合があります。そのため、残念ながらデリケートゾーンの黒ずみには重曹はあまり効果を発揮することができません。重曹でスキンケアをする場合には他の部分に使用した方が効果を実感できることでしょう。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみはレーザーで消える?

 

デリケートゾーンの黒ずみを気にしている方は少なくありません。水着になる時やショーツのタイプによっては目立ってしまったりするのは、女性にとって深刻な悩みですよね。デリケートゾーンの黒ずみを消す方法はいくつかあります。じっくりと長期間の時間をかけて効果を出す方法から、短期間で効果を出す方法まで費用も様々です。その方法の中のひとつにレーザーによる治療があります。レーザーによるデリケートゾーンの黒ずみの治療は、主に美容皮膚科や婦人科系などの病院で受けることができます。レーザー治療は黒ずみの原因となっているメラニン色素を、少しずつ壊していくことにより黒ずみをなくしていく方法となります。病院での治療となりますので、肌への負担も少なく安全に治療を受けることができます。レーザーによる治療と併せて、美白効果のあるクリームなどで毎日セルフケアもすることでより速く効果が現れます。デリケートゾーンの黒ずみのレーザー治療の効果は、脱毛と同様に個人差がありますが、通院回数は5回くらいが平均と言われています。短期間でなんとかしたいという方にはレーザーがおすすめと言えます。

ワキやデリケートゾーンの黒ずみを消す方法とは?関連ページ

デリケートゾーンの悩み
なかなか人には相談しづらいデリケートゾーンの悩みについて、ご紹介します。
デリケートゾーンを脱毛すると永久に生えてこないの?
脱毛サロンでデリケートゾーンを脱毛すると永久に生えてこないのでしょうか。
デリケートゾーン脱毛を全照射してもらったらまだらに
脱毛エステでデリケートゾーン脱毛を全照射してもらったらまだらになってしまった人必見!まだらになる原因と対策法はこちら。
デリケートゾーンの臭いが気になる!原因と改善方法
デリケートゾーンの臭いって気になるますよね。デリケートゾーンの臭いはさまざまな原因によって引き起こされます。
デリケートゾーンに白髪が!原因と対処方法
デリケートゾーンに白髪ができる原因と対処方法をご紹介します。
デリケートゾーンは保湿が大切!正しい保湿方法
デリケートゾーンを正しく保湿する方法をご紹介します。デリケートゾーンの保湿は美白にもつながります。
デリケートゾーンにほくろがあるのは病気?
デリケートゾーンにほくろがある場合病気の可能性はあるのでしょうか。除去したり病院に行った方がいいのでしょうか。
デリケートゾーンがボーボーなので脱毛したい
デリケートゾーンがボーボーでも脱毛できる?
デリケートゾーンの赤みや炎症を予防・防止するには
デリケートゾーンの赤みや炎症などトラブルの原因や対処法をご紹介します。