目次

 

Vラインのデザイン・形・大きさ

 

Vラインのデザインや形、大きさで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

自然なままにしておくとどうしても下着からはみ出た部分までムダ毛がある状態になってしまう人が多いので処理をしたいと思っても、実際に処理をしてみるとどこまで処理をしたらいいのか分かりづらい人もいます。

 

そこで、ある程度デザインを決めてみると処理がしやすくなります。

 

Vライン脱毛で人気のデザインや形・大きさとは

 

人気が高くスタンダードと言われているのが逆三角形方です。デリケートゾーン側が三角形の頂点になる逆三角形は、比較的誰でも整えやすい形ですよね。

 

下着の内側にキレイに隠れるよう2~3センチ程度小さ目に整える人が多いようです。

 

三角のような形よりは丸みがある女性らしい形としてたまご型や楕円形に整える人も多いようです。

 

だいたい普通の卵Lサイズくらいの大きさに整えることが多いようです。

 

ちょっとハリウッドセレブのような形と言われているのが四角で、I型とも言われています、太さは指一本分や指二本分程度の四角で、上の方は下着に隠れるように5センチ程度処理をしてしまう人が多いそうです。

 

このような形や大きさで処理をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

Vラインで人気の形や長さ

 

他の人のVラインって気になりますけど、見えないのでどんな風に脱毛しているのか気になりますよね。

 

Vラインで人気の形や長さってどんな感じなのでしょうか。

 

まず、人気の形ですが、「ハート型」とか「Iライン型」等が流行したこともありますが、一時的な感じがします。

 

やはり、オーソドックスな感じで見た目も自然なデザインが定番で人気があります。

 

髪型みたいにコロコロ変えるものでは無いと思うので、オーソドックスで人気がある形がお勧めです。

 

一番自然で人気なのは、逆三角形です。

 

Vラインに沿っていてとても自然な感じに仕上がります。

 

オーバル型という卵型も人気があります。

 

どれ位の逆三角形にするか、オーバル型にするかは個人差がありますが、鎖骨のラインより少し下でショーツを履いた時にはみ出ない位が人気です。

 

長さに関しては、3cm程度がお勧めです。

 

あまり短すぎてもショーツに刺さって出てしまったり、長すぎるとハミ毛の原因になります。

 

そう考えてみると3cm位が一番ちょうど良いです。

 

カミソリで剃毛すると、毛先のカットした部分が鋭くなって肌触りがチクチクします。

 

ハサミを使って薄く削ぐのがお勧めです。

 

 

Vライン脱毛の形で人気なのは?

 

Vラインを脱毛エステなどで処理をする場合、よく聞かれるのがどのような形に整えましょうか。という質問です。

 

Vラインの脱毛というと全部を処理してしまうというイメージがある人もいるかもしれませんが、実はほとんどの人がデザインを決めてその形に整えるということをするそうです。

 

脱毛エステで人気がある形をその時に照会してもらうこともできますので参考にしてみましょう。

 

ちなみに、どのような形が人気なのかというと、まず逆三角形があります。身体のラインに合わせて整えるこの逆三角形は、年齢を問わずに自然に見える形としてダントツの人気になっているそうです。

 

大きさも比較的大きめの三角形で、持っている下着の中で前面の面積が一番小さい下着でもはみ出さない程度の処理をする人が多いそうです。

 

もうすこし丸みを帯びた形が好みという人は卵型を選択する人が多いそうです。

 

上下でやや丸みの大きさが変わる卵型は見た目もころっとして可愛らしいと言われています。
普段水泳をしている人では、水着からはみ出ないようにとI型などでVラインを整える人もいるそうです。

 

 

Vラインの綺麗な形・理想の形

 

脱毛エステでアンダーヘアを脱毛したいと考えている場合、Vラインの綺麗な形・理想の形というのが頭に鮮明にイメージされていますか?

 

普段、目にすることの無いVラインの綺麗な形・理想の形ですから、事前にしっかりリサーチしておくと、カウンセリングに行った際に迷うことが少ないでしょう。

 

以前は、ハート型ですとかスクエア型等のちょっと奇抜なアンダーヘアのデザインがもてはやされたこともありました。

 

でも、やはりオーソドックスなデザインが一番人気があります。

 

一番人気なのは、「トライアングル型」だと感じます。

 

逆三角形で女性のVラインに沿った一番自然なデザインです。

 

また、「オーバル型」と言って楕円形や卵型のデザインも綺麗な形です。

 

あまり、奇抜なデザインだと、パートナーとの初めての営みの時に驚かれる可能性もあります。
トライアングル型やオーバル型の場合、とてもさりげないので、男性から見てもまさに理想の形でしょう。

 

一般の男性から見たら、元々、綺麗に生え揃っているように自然に見える可能性が高いです。

 

そう考えると、スクエア型等の正方形に生えていたら、絶対に自然にそういう形になったとは言いにくく、少し引いてしまうかも知れませんね。

 

 

Vライン脱毛で逆三角形・卵型・オーバル型など

 

Vラインの形を整えたいと思っても、実際にはどのように整えたらいいのかというのは分かりにくいと思います。

 

ましては他の人がどのような形に整えているのかというのは見せてもらうわけにもいきませんし、相談するということも難しいですよね。

 

ではどのような形があるのか紹介してみたいと思います。

 

もっともスタンダードで多いのが逆三角形になります、三角形をさかさまにした形はなじみ深いので人気があるそうです。

 

だいたい普段着ている中で一番面積が狭い下着の2センチ程度内側まで処理をする人が多いそうです。

 

次いで人気が高いと言われているのが卵型です。

 

下の方がちょっと狭く、上の方がちょっと広い卵型は女性らしい丸みがある形として人気です。
大きさとしてもLサイズの卵程度に処理をする人が多いそうです。

 

卵型似ていますがオーバル、つまり楕円形に整える人も多いそうです。

 

さらに、U型といって、下の方は丸みを持たせ、上部は下着のラインに沿って平らに整える形です。

 

他にI型と呼ばれる形もあります。

 

指1本分もしくは2本分の太さを残して処理をすることが多いようです。

 

 

Vラインのプレート・テンプレート

 

Vラインの形をいつも同じ形に整えるのは難しいと思います。

 

また脱毛エステなどで希望している形に毎回整えてもらうのも難しいですよね。

 

そこで活用したいのがVラインを整えるために利用することが出来るプレートやテンプレートになります。

 

実は脱毛エステでもプレートを利用してVラインのお手入れをしているところもあるそうです。

 

ミュゼはVラインの範囲を決めるためにプレートがあるそうです。そのプレートの範囲の外がVラインと決められているそうです。自分でテンプレートを作成することも可能ですが、市販でもVラインのテンプレートが販売されているため利用してみることも良いと思います。

 

周りの人がどのような形、大きさで処理をしているのかの参考にもなりますので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

Vラインの形を整えるテンプレートにはいくつか種類がありますが、Ravia(ラヴィア)のシリーズはアンダーヘアに絡ませて付けるタイプのテンプレートですので抑えながら処理をする手間もありませんし、繰り返し利用することも可能です。

 

好みの形にカットして利用することが可能です。

 

 

Vライン脱毛は毛をどこまで残す?どこまで剃る?何センチくらい残す?残し方

 

Vライン脱毛をする時に気になるのが普通はどの程度剃って何センチくらい残すものなのかという点だと思います。

 

女性ではとくに気にしている人が多いVラインですが、かといっていろいろな人に聞いてみることもしずらいですよね。

 

Vラインの場合、自分が普段使っている下着に合わせて処理をする人が多いそうです。

 

また、スポーツクラブなどで日常的に水着などを着るという人の場合、その水着の形に合わせて処理をする人が多くなります。

 

水着のショーツ部分から2~3センチ程度内側になるようにムダ毛処理をする人が多く、形としては逆三角形やたまご型、楕円形などの形に整えることが多いそうです。

 

カミソリで剃毛処理をする人の中には完全に無毛の状態にしてしまう人もいるそうですが、やはり数としては多くはないそうです。

 

Vラインのムダ毛はカミソリでしょっちゅう処理をしているとVラインが黒ずんだり肌の炎症が起こってしまうこともありますので注意しましょう。

 

脱毛エステなどで処理をする時には、希望する形をしっかりと考えて処理をしてもらうようにすると後悔することがないそうです。

 

 

Vライン脱毛の範囲・面積

 

Vラインを脱毛してお手入れをしやすくしたい場合、気になることの一つにどの程度の範囲を処理して残す面積はどの程度の方がいいのかということになると思います。

 

まず、どの範囲がVラインなのかというのは実は脱毛エステによって異なるそうです。

 

自分では正面から見た時に見えるアンダイヘアの部分全体がVラインだと思っている人もいるかもしれませんが、この点は気を付けた方がいいそうです。

 

たとえばミュゼではテンプレートがありそのプレートの外側がVラインでプレートで隠れる部分はVライン上やVライン下というパーツになっているそうです。

 

このようにVライン部分が細かく分かれているケースも多いそうです。

 

すべてを合わせてVラインとしている脱毛エステもありますから、Vラインを脱毛するときにはまず範囲を確認してみることをお勧めします。

 

毛を残す面積ですが、握りこぶし一個分程度の面積を残すことは多いそうです。

 

もしくは持っている下着のなかでもっとも面積が狭い下着に合わせて面積を決めるという人もいるようです。

 

面積をあまりにも狭くしてしまうと後でもう少し大きい方が良かったと思っても戻せませんから良く考えましょう。

 

 

脱毛エステでVラインの形を失敗

 

脱毛エステでVラインの処理をした場合に最も困るのがラインの形を失敗してしまうことです。
カミソリなどでの剃毛処理と異なり、脱毛エステでVラインの形を失敗してしまうと、取り返しがつかないことがあります。

 

脱毛エステで行われているフラッシュ脱毛というのは永久滅毛というもので処理をしたムダ毛は将来的にも生えてこない状態にすることが出来ます。

 

しかし、希望していた形とは異なる形に整えてしまったり、希望した形であったものの、年齢などが変わってきておかしく感じるようになってしまった場合など、修正が出来ない可能性があります。

 

脱毛エステでVラインの形を整える時には、このような点をしっかりと考える必要があるようです。

 

若いころにはちょっとくらい面白い形でも良いかもしれませんが、年齢と共にその形が恥ずかしくなってしまうようでは困りますよね。

 

特にハイジンーナといって無毛の状態にするという人は良く考えた方がいいケースもあるそうです。

 

脱毛エステでVラインの形を整えるのであれば、最も無難と言われている逆三角形や卵型、U型などにすることをおすすめします。

Vライン脱毛で人気のデザインや形・大きさとは関連ページ

Vラインのブラジリアンスタイルとは?
Vラインをブラジリアンスタイルにする方が最近増えています。ブラジリアンスタイルとは、ハイジニーナと同義語です。
デリケートゾーンに生えている毛の範囲が広い
デリケートゾーンに生えている毛の範囲が広いと、下着や水着からはみ出してしまうか不安ですよね。脱毛サロンでは広範囲を脱毛してもらえるのでしょうか。
vラインの粘膜の部分の脱毛