デリケートゾーンを脱毛するなら

 

脱毛サロンで無事デリケートゾーンを脱毛してもらい、自己処理しなくてもよくなったのでめちゃくちゃ楽になりました🎵さらにお肌もツルツルに🎵

 

ですが、唯一の悩みが・・

 

それはデリケートゾーンの黒ずみです(+_+)

 

今まで毛があったので気づかなかったのですが、脱毛してからとても目立つようになってしまいました(;_;)

 

そこで、デリケートゾーンの黒ずみに効くクリームを調べてみました。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策品おすすめランキング


 

デリケートゾーン黒ずみ1位

デリケートゾーン 黒ずみ2位

デリケートゾーン 黒ずみ3位

公式サイト

保証 28日間返金保証 90日間返金保証 120日間返金保証
商品名 薬用イビサクリーム ホスピピュア VL WHITE
人気

デリケートゾーン黒ずみ評判

タイプ クリームタイプ クリームタイプ 美容液タイプ
特徴 デリケートゾーンの黒ずみ専用

無添加・低刺激
日本製
医薬部外品
美白効果
保湿・殺菌・抗菌効果
プライバシー保護梱包
朝晩1回塗るだけ

湘南美容外科が本気で共同開発

使い切れるエアレスポンプタイプ
無添加(香料・着色剤・アルコール・シリコンフリー)
朝晩1回塗るだけ
プライバシー保護梱包

医薬部外品

無添加
業界唯一リポソーム化薬用美白美容液
黒ずみ解消
保湿OK
美容液効果
低刺激

推奨部位 デリケートゾーン・バストトップ・わき・ビキニライン・ひざ・くるぶしなど

乳首・乳輪・わき・ひじ・Vラインなどのデリケートなところなど

ビキニライン・デリケートゾーン・おしり・わき・股ずれ・ヒジ・ヒザ・くるぶし・乳首など
内容量
1ヵ月分
35g 30ml
定期購入割
1ヶあたり
4,470円
【送料無料】
5,500円
【送料無料】
4,390円
【送料無料】
  デリケートゾーン 黒ずみ デリケートゾーン 黒ずみ デリケートゾーン 黒ずみ

 

 

目次

 

デリケートゾーンの脱毛のやり方や処理する方法

 

デリケートゾーンの脱毛のやり方や処理する方法について不安な方のために、ご説明しています。

 

 

デリケートゾーンの脱毛のやり方・処理する方法

 

水着の季節が近づき、気になりだすデリケートゾーンのムダ毛。少しでもムダ毛がはみ出してしまったら、せっかくの水着も台無しになってしまいます。デリケートゾーンであるVラインの脱毛方法は色々あります。

 

まずは自宅で行う場合。

 

一般的なやり方としてカミソリを使用する方が一番多いでしょう。他にも電気シェーバーを使ったりする方もいるでしょう。剃ってムダ毛を処理する方法ですが、簡単で時間もかからないという大きなメリットがあります。

 

その点で考えれば、除毛クームも同じです。

 

どの方法にせよ、自宅で行えば、費用もかからず、好きなタイミングで処理が出来ます。しかし肌トラブルのリスクを考慮すると、賢明な方法とはいえません。外部からの刺激を受けたデリケートゾーンは防御反応を起こします。すると、メラニンが多く生成され、黒ずみが発生してしまいます。さらには、角質層が分厚くなってしまうのです

 

。刺激によって肌が炎症してしまえば、痒み等のトラブルも発生してしまかもしれません。皮膚の免疫が弱いデリケートゾーンのムダ毛を処理したいのであれば、知識を持った人間に施術を行ってもらうことをおすすめします。

 

クリニックでの脱毛が高価に感じるならば、エステやサロンを利用するといいでしょう。肌の露出頻度が高くなる季節は、Vラインに限らずムダ毛処理を望む人が増加します。よって、エステやサロンでも様々な方法で顧客獲得キャンペーンを実施し、市場の競争が激しくなるのです。ですから、格安で利用するには最適の季節ともいえます。

 

もしも、やむを得ず自宅で処理を行うならば、肌への刺激を少なくしましょう。そして保湿などのアフターケアを欠かさずに行いましょう。

 

 

Vラインのムダ毛処理

 

お洒落な水着を堂々と身に付けるため、デリケートゾーンのムダ毛処理は欠かせません。家庭で処理を行う場合、カミソリで剃る以外に、ワックスや毛抜で脱毛をする方法、除毛クリームで溶かしてしまう方法もあります。

 

脱毛という手段をとったほうが、ムダ毛が新たに生えてくるまでの期間が長くなるものの、自分で行うのであれば痛みが伴います。除毛クリームは添付して流すだけという手軽さはあるものの、毛のタンパク質のみならず、皮膚のタンパク質までも溶かしてしまう可能性もあります。炎症やかぶれ、他にも様々な肌トラブルを招きかねないのです。

 

自分で行う脱毛と除毛。これらにはメリットがあっても、大きなデメリットやリスクがあります。なので、デリケートゾーンのムダ毛処理には主流ともいえるカミソリでのシェービングが最適かもしれません。手足のムダ毛ならば常に人の目に晒されているものの、デリケートゾーンは水着を切る季節以外に露出する機会は少ないでしょう。

 

なので処理の効果は一時的なもので構わないのです。また、ワックスや毛抜きで脱毛してしまうと、毛穴が開きっぱなしになってしまいます。デリケートゾーンは常に下着等の衣類と密着しているため、開いた毛穴に雑菌が入り込んだり、摩擦によって黒ずみを引き起こしてしまいます。一時的な処理であり毛穴の開きが少ないムダ毛処理として、シェービングがおすすめなのです。

 

効果を高め、肌トラブルのリスクを抑えるポイントとして、処理の前は身体を温め、処理の後は皮膚を冷却するといいでしょう。毛の流れに逆らった逆剃りは肌へ大きな負担となります。毛の流れに沿って、処理を行いましょう。

 

ムダ毛処理はエステやサロンで行うことが最も望ましいのですが、いざ予約を取ろうと思った時には秋まで予約不可能な状況だったという場合もあるでしょう。自宅で処理をするならば、肌への刺激を最小限に抑えたムダ毛処理を行いましょう。

 

 

デリケートゾーンのムダ毛処理って必要?

 

最近ではVラインのムダ毛処理をサロンで行う人が増えてきているようですが、そもそもVラインのムダ毛処理は必要なのでしょうか。

 

人によってというのは正直なところになりますが、やはりショーツなどからVラインのムダ毛が飛び出していて恥ずかしいと感じる人はムダ毛処理をしておいた方が良いと思います。

 

若年層の女性の場合、間違えた処理の方法でお肌を傷つけてしまったり、黒ずみが出来てしまうと将来的に後悔することが出てきてしまうかもしれませんよね。この間違えた処理というのはカミソリや毛抜きによる剃毛や抜毛になります。カミソリも清潔なものを毎回利用してお肌に負担がかからないように行えば問題がないのですが、浴室で入浴時に行うような処理は衛生面を考えると実は間違えた処理になります。

 

Vラインはあまり人に見られる部分ではありませんが、やはりビーチリゾートやプールなどに遊びに行くという時には、どうしてもVライン周辺は気になってしまうのではないでしょうか。身だしなみの一つとして、Vラインのムダ毛処理を正しく行っておくと良いと思います。

 

 

デリケートゾーンを減毛・除毛

 

Vラインのムダ毛を滅毛したい、除毛したいという人の場合、最も簡単な方法としてカミソリによる剃毛がありますが、この方法は実はお肌のトラブルが起こりやすくまた見た目にもくろいつぶつぶが残ってしまったり、埋没毛などが起こり逆に汚くなってしまう事があると言われています。

 

Vラインのムダ毛を滅毛・除毛したい場合には、脱毛エステに行ったり除毛剤を利用するようにした方がいいようです。脱毛エステでVラインを滅毛する時には、しっかりとどのようなデザインでどの程度の範囲の滅毛をするのかを考えておくようにしましょう。

 

脱毛エステでVラインの滅毛をすると、その後毛が本当に生えない状態になりますので、整えた形が残ることになります。一時の感情だけで滅毛処理をしてしまうと後悔してしまうこともあるようです。

 

除毛剤を利用して除毛するときにはVラインはデリケートゾーンに近いため、お肌に優しいタイプのもので液だれしないようなものを利用することが必要になります。

 

デリケートゾーンで利用することができる除毛剤を利用するようにして下さい。

 

 

Vライン脱毛の場所

 

Vラインの場所は、一般的にはアンダーヘア全体を指す場合と、ショーツからはみ出る両サイドの毛という解釈もあります。

 

脱毛エステでVラインの脱毛をしようと考えている場合、脱毛の場所に注意しましょう。

 

Vラインのサイド、Vラインの中でもiラインという風に細かく分かれている場合もあります。

 

アンダーヘアが広範囲に生えている場合、足の付け根やへそ下部分は、Vライン脱毛に含まれていない場合がほとんどです。

 

ですから、自分はアンダーヘアの全体を処理したいと思って申し込んだのに、実際には、すべてを処理してもらえなかったということになります。

 

また、費用面で思っていたのと違ってしまう場合もありますから注意が必要です。

 

vio脱毛等、脱毛箇所が細かく設定されている場合には、何箇所も申込みしないと全体の処理が終わらないという場合もあります。

 

Vライン脱毛には、oライン脱毛は含まれていないことがほとんどです。

 

つまり、肛門周りのムダ毛を処理したいと思ったら、oラインに別に申し込みする必要があるコース設定が多いでしょう。

 

どの部分まで脱毛したいのかによって申し込みするコースも変わってくるので、無料カウンセリングで確かめると良いでしょう。

 

 

デリケートゾーンの脱毛をしている人の割合

 

デリケートゾーンの脱毛をしている人の割合は、果たしてどのくらいいるのでしょう。最近では、全身の永久脱毛をする女性が増えてきたので、昔と比べてデリケートゾーンの脱毛をする人の割合は増えてきているのは事実です。

 

特に、デリケートゾーンは、雑菌が溜まりやすく、臭う部位なので、清潔志向が高まってきた中、デリケートゾーンの脱毛は注目されています。デリケートゾーンの脱毛をすれば、ムレや臭いをなくすことができ、快適に過ごすことができます。

 

今のところ、デリケートゾーンの脱毛をしている人の割合は、60%ぐらいで、半分強といったところです。そのぐらいの人が、自己処理もしくは、エステサロンなどで脱毛しているようです。

 

残りの40%の人は、自然な状態で放置しています。こうした割合を見ると、デリケートゾーンの脱毛をするのは当たり前になりつつあります。

 

欧米では昔から、アンダーヘアの手入れは当たり前という認識があり、日本はそういう意味では出遅れた感じになっています。日本でも最近はハイジニーナ脱毛でツルツルにする人も増えてきているので、今後は、デリケートゾーンの脱毛をする人の割合は、益々増えていくことでしょう。

 

 

デリケートゾーンをレーザー脱毛するなら

 

デリケートゾーンをレーザー脱毛するときの注意点や何回で終わるのか、また、体験談などをご紹介しています。

 

 

デリケートゾーンをレーザー脱毛

 

デリケートゾーンをレーザー脱毛で施術するのはおすすめです。デリケートゾーンを脱毛する場合、比較的よく利用するのがエステサロンです。

 

エステの場合、光脱毛になりますが、医療機関よりも安く済み、痛みも少ないので人気があります。しかし、一方で光脱毛は、レーザー脱毛よりも効果は低いです。出力が低いので、どうしても効果の面ではレーザー脱毛よりも劣ります。そう言う意味では、デリケートゾーンをレーザー脱毛でする方がしっかりと脱毛できます。

 

また、レーザー脱毛は医療行為なので、医療機関での施術となり、安心感があります。万が一、トラブルがあった場合でも、医師が適切に処置してくれます。そしてレーザー脱毛の場合、照射する時間は10分程度なので、非常に短時間で脱毛できます。時間がかからず、広範囲を一度に脱毛できるので、痛みの強いデリケートゾーンでも我慢しやすいです。

 

それでもどうしても痛みを強く感じる人は、麻酔を使用できる美容形成外科でレーザー脱毛すると良いでしょう。痛みに弱い人は、デリケートゾーンをエステで脱毛するのではなく、美容形成外科でレーザー脱毛を受けましょう。

 

 

デリケートゾーンレーザー脱毛の回数

 

デリケートゾーンをレーザー脱毛で行う場合、気になるのが施術に要する回数です。エステでのデリケートゾーン脱毛よりも短い回数でできることが期待できるからです。ただ、回数については、エステでするのと同様、どうしても個人差があります。

 

一般的に、デリケートゾーンレーザー脱毛で効果を実感できるのは、3回ぐらいのようです。そして、自己処理がいらなくなるぐらいに脱毛するには、6回ぐらいは必要のようです。中には、デリケートゾーンをレーザー脱毛で処理すると、3回~4回目で全く生えなくなる人もいるので、こればかりは何とも言えません。また、8回~10回くらいかかる人もいます。

 

しかし、いずれにせよ、エステでデリケートゾーン脱毛する場合は、完全にキレイにするには、12~18回ぐらいは必要と言われているので、それからすると、やはり、デリケートゾーンをレーザー脱毛ですると、回数的にはかなり短くて済むということが言えます。

 

つまり、レーザー脱毛の場合、エステのように2年~3年かかるということはまずないと考えて良いでしょう。デリケートゾーンは剛毛なので、他の部位よりも回数が必要になりますが、レーザーなら5~6回ぐらいの回数で大抵は満足できます。

 

 

デリケートゾーンのレーザー脱毛の体験

 

デリケートゾーンのレーザー脱毛を体験してきました。病院によっては下丸出しのところもあるようで心配していたのですが、体験してきた医療機関は、下は紙パンツに着替えたので、とりあえずは、ほっとしました。

 

しかし、紙パンツをめくってレーザー照射するので、どっちにしても恥ずかしいです。実際、施術を受けると、痛すぎて恥ずかしいどころではありませんでした。そんな余裕はないと言った感じです。だから、丸出しでも全然だいじょうぶだったと思います。

 

ラインのレーザー照射をする時、ワンピースをまくって両足を軽く開き、紙パンツの前の部分をガーゼで縛って固定するのですが、客観的に想像するとすごく笑えました。マーキング、冷却ジェル、照射、保冷剤で冷却、という手順で行われました。

 

痛みの程度は、ハッキリ言ってワキより断然痛かったです。特に下のほうになればなるほど痛い感じでした。奥深くまで長い針をスッと刺されるような感じで、皮膚の奥の方がすごく痛い感じがありました。

 

デリケートゾーンのレーザー脱毛の体験をしてみて思ったのですが、痛みが弱い人は、辞めた方がいいかも知れません。

 

 

デリケートゾーンのレーザー脱毛で全照射

 

デリケートゾーンのレーザー脱毛で全照射する場合があります。デリケートゾーンの脱毛をする場合、大体、好みの大きさや形に整えて毛を残しながら脱毛するのですが、全照射の場合、残すはずの部分もすべて照射します。残さないというやり方になります。

 

ただ、残さないだけでなく、毛の濃さを調節するなど、回数や強さによって使い方はいろいろできます。1回全照射の場合でも、微妙に毛質が変わったり、微妙に少なくなる場合があります。

 

デリケートゾーンのレーザー脱毛で3回も全照射すれば、毛質が今までより細くなり、量も多少減ってきます。毛が太くて量が多い人はこのぐらいの回数はしないとダメでしょう。一番良いのは、無制限全照射です。これは回数制限がないので、満足いくまで毛量や毛質を調節することができ、ツルツルにすることも可能です。

 

いずれにせよ、デリケートゾーンのレーザー脱毛での全照射は、3~4回当てたぐらいでは、ツルツルにはなりません。デリケートゾーンのレーザー脱毛で全照射する場合、数回全照射して後は残す感じにするのか、それとも完全に全照射していくのかをよく考えてやらないといけません。

 

 

Vラインの場所・位置・Vラインの意味

 

Vラインの場所や位置ってどこまでのこと?また、Vラインの意味について、ご紹介しています。

 

Vラインの場所

 

脱毛エステに行く際に、思わぬ落とし穴に注意しましょう。それがVライン脱毛に対する解釈の違いです。Vラインというと、アンダーヘア全体を指す場合もあります。ただ、脱毛エステに通いたいと思っているなら、そのお店によってVラインの解釈が異なる場合もあります。

 

Vラインは、ショーツを履いた際にはみ出てしまう部分の両サイドのムダ毛を指す場合もあります。もしくは、前述したようにアンダーヘア全体をいう場合もあります。ですから、脱毛エステでコースを決める際には特に注意が必要です。

 

例えば、陰毛が太ももにも生えている方も結構、いるんです。それに気がつかずに太い毛質の太ももの毛もアンダーヘアだからVライン脱毛に申し込みすれば施術してもらえると解釈している女性も少なくありません。
でも、実際には、太ももに生えていたら足の毛という扱いになるので、カウンセリングで担当者によく確認しましょう。

 

また、へそ下に毛が生えている場合も、Vラインの毛という扱いにならない可能性があります。

 

思っていた金額より何倍もの出費になってしまうこともありますから、注意が必要です。

 

 

Vラインの場所・位置・vラインの意味

 

これから脱毛エステに通うなら、Vラインの場所・位置・vラインの意味を理解しておいたほうが良いでしょう。

 

女性なら何となくイメージできると思いますが、実際には思っていたのと違うという勘違いも生じやすい部分です。

 

Vラインの場所は、アンダーヘア全体を言うこともありますが、ショーツからはみ出す両サイドの毛を言うことが多いです。

 

気をつけたいのは、太ももまでムダ毛が生えている場合、脱毛エステサロンでは、足(脚)とみなされてVライン脱毛に申し込みしても脱毛してもらえない確率が高いです。

 

脱毛エステで言うVラインの意味は、一般的なアンダーヘアと同義語のVラインという意味とは解釈とは違うんですね。

 

また、脱毛エステによってそれぞれ規定があって、へそ下10cmまでがVライン脱毛の該当箇所という風に解釈されています。

 

ですから、アンダーヘアが広範囲な場合には、Vライン脱毛だけでは不十分な可能性も高いです。

 

まずは、無料カウンセリングでどの範囲をVラインと呼ぶのかを確認して、自分がVラインだけを申し込みしていいのか、それとも太ももやお腹の脱毛もしなければいけないのかを確認しておくと良いでしょう。

 

Vラインの範囲は、大体、太ももの付け根から指3本というのがセオリーです。

 

これはどこのサロンでも同じです。

 

Vラインの範囲でサイドの脱毛範囲には目安が必要なので、Vラインの横を脱毛する際、大体の目安として、太ももの付け根の部分から指3本くらいまでとしているわけです。

 

 

Vラインの範囲は太もも付け根から指3本

 

Vラインの範囲は、自己処理する場合には、どこまで処理していいのか中々わかりにくいものですが、一般的には、下着を着用した際、そこからはみ出る部分を処理するというのが普通です。

 

サロンに行けば、カウンセリングを受けることができるので、Vラインの範囲について、適切な指示をしてくれます。

 

無料カウンセリングを受けることで悩みは解消されます。

 

いずれにせよ、Vラインはデリケートな部位なので、慎重に脱毛範囲を決めていく必要があります。

 

人によってはvの毛がかなり広く生えている場合もあるでしょうが、一般にVラインの範囲は、太ももの付け根から指3本分までが目安とされています。

 

この場合の太ももの付け根というのは、トライアングルの下ラインあたりを指します。
Vラインの毛が横に広がっているくらいなら、vの範囲として扱ってもらえますが、指3本を越して太ももあたりまで来ていたら太もも範囲となってしまうかもしれないので注意が必要です。

 

 

Vラインとトライアングルとビキニラインの違い

 

普段なら、区別せずに一緒に考えがちな「Vライン」と「トライアングル」と「ビキニライン」ですが、脱毛エステに行くと、別々の箇所です。

 

それぞれ、どこの部分を言うのかを覚えておいたほうが、脱毛する際のカウンセリングで話が進みやすいですね。

 

Vラインとは、下着の横からはみ出す部分をいう事が多いです。

 

また、アンダーヘア全体のことを指す場合もあります。

 

トライアングルとは、ショーツを着用すると隠れる部分のことを言います。

 

前から見て逆三角形に見えることからトライアングルと呼ばれています。

 

ビキニラインは、Vラインと似たような意味合いを持ちます。

 

Vラインは、脱毛エステによって指している範囲はマチマチです。

 

でも、ビキニラインの場合、「下着からはみ出す部分」と決まっています。

 

アンダーヘアの脱毛は、「Vライン」とひとまとめにして表現している脱毛エステの方がお安く広範囲に脱毛できるケースが多いです。

 

アンダーヘアを細かく分けている脱毛エステは、アンダーヘアだけでも数箇所に仕切られていることから比較的、割高になる可能性があります。

 

 

Vライン・Iライン・Oラインとは

 

Vライン

 

Vラインとは、ビキニラインとも呼ばれ、ビキニやショーツのV時にそった陰毛のことです。

 

Iライン

 

Iラインとは、性器の周りの陰毛のことです。性器サイドと呼ばれることもあります。脱毛することで、下着から毛がはみ出すことがなくなります。

 

Oライン

 

お尻の奥の肛門の周囲の毛のことです。サロンによってはヒップ奥などと呼ぶこともあります。

 

デリケートゾーン脱毛【2017最新情報】市販品ランキング

 

 

IラインとVラインの境目

 

Iラインの脱毛をするときは、Vライン、Oラインとのバランスを大事にしましょう。

 

VIOラインを脱毛しようと思ったとき、たいていの人はVラインだけを考えるでしょう。
目に見えている前面のトライアングル部分だけを見てしまいがちですが、実際はVIOラインという名称があるように、VIOラインはつながっているのです。

 

なので、Vラインだけを処理してもIOラインは未処理のままとなります。

 

Iラインは、VラインとOラインをつなぐ場所で、通常はVラインの毛は残し、Oラインは無毛にします。なので、いかにVラインからIラインに向けてを自然なグラデーションさせるかがポイントです。

 

VラインとIラインの境目がはっきりと線引きされていると、いかにも処理している感じで不自然ですし、きっと彼氏ウケはあまりよくないでしょう。

 

もしどうしたらよいのかわからなければ、遠慮なくエステのスタッフに相談しましょう。一般的に人気のデザインや、意外に多いリクエストなどを教えてくれます。

 

ほとんどのエステでは、カウンセリングは無料なので、いろいろと聞き、信頼できるサロンを選びましょう。

 

IラインのFAQ

 

Iラインって具体的にどこですか?

Iラインは具体的にどこからどこまでが脱毛範囲なのか、ちょっとわかりにくいですが、実はIラインの定義は各脱毛エステサロンによって微妙に異なります。

 

一般的なIラインとは、体育座りをしたときに前から見える範囲です。つまり、股の部分です。

 

ですが、各脱毛エステサロンによって股の内側何センチまでとか、かなり細かい規定があるので、一概にここからここまでとは言い切れません。デリケートゾーンやOラインと呼ばれる部位との境目はどこなのかも、同様です。

 

そのため、気になる脱毛エステサロンがあるなら、まずはIラインはどのように定義されているかを最初にチェックしておきましょう。親切な脱毛エステサロンだと、公式サイト上でIラインはここからここまでと詳しく説明してくれています。その説明を読めば、おおよその目安を知ることができます。

 

ですが、実際に自分のムダ毛の生え方がどうなっているかということは、自分自身でも把握しにくいと思います。もしもIライン脱毛に興味があるなら、いくつか脱毛エステサロンの無料のカウンセリングを利用してIラインとはどこを具体的に言うのか比較してみると良いかもしれません。そして自分のムダ毛の生え方と比べて、満足できそうなところを探す目安にしましょう。

 

実際に脱毛できる範囲をきちんと確認しましょう

 

Iラインは実際にどこまでが脱毛可能範囲なのでしょうか。

Iライン脱毛をする前に、どこからどこまで脱毛が可能なのか範囲の確認をきちんとしておいたほうがよいでしょう。「Iラインと言ってる所は全部脱毛できるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、サロン側がIラインと定義している範囲でも、実際にマシンを当てられる範囲とは違うことがあります。

 

Iラインは粘膜に近く、この粘膜部分に生えているムダ毛は、基本的にどこのサロンでも脱毛不可です。粘膜は皮膚とは違い、常に表面が分泌物で濡れている非常に柔らかい膜となります。体の中でもとても大切な部分ですし、非常にデリケートにできているので、マシンを当てることができません。

 

なので、サロンから「ここからここまでがIラインです」と説明をしてもらっても実際に脱毛する時には粘膜に影響がない範囲までの脱毛となります。

 

もしきちんと脱毛可能な範囲を確認しないままコース契約をしてしまうと、いざ施術となった時に自分が思っていたのとは違いすぎて「こんなはずでは…」と思うかもしれません

 

また「粘膜部分でも可能です。」と言ってるサロンがあれば、それは非常に危険な行為となります。そのようなサロンでコース契約をするのはやめたほうがよいでしょう。実際、それでトラブルになるケースもあるので要注意です。デリケートなIラインだからこそ、慎重に進めていくことが大切なのです。

 

Iラインの定義や、実際に脱毛できる範囲をより具体的に説明してもらえば、そのサロンが安心して任せられるのかも分かります。もちろん、こちらが納得できるまで説明してくれるるサロンを選びましょう。

 

 

芸能人のVライン

 

現在、Vラインの脱毛をする方は多くいますが、芸能人はVラインの手入れをどのようにしているのか気になるところではないでしょうか。芸能人や有名なセレブにとっては、Vラインの脱毛は今や常識になっていると言っても過言ではありません。

 

Vラインの脱毛をしている芸能人の中には、ハイジニーナ脱毛をしている方もいます。ハイジニーナ脱毛は日本人の一般女性には少々抵抗のあるものですが、ハリウッドの女優などにもしている方が多い脱毛です。

 

また、芸能人の中には男性がVラインの脱毛をしている方もいます。芸能人のVラインの脱毛は、薄くしたり形を整えたりする脱毛よりも永久脱毛する方が多いようです。

 

グラビアアイドルなどは、きわどい水着を着ることも多いので、VラインだけではなくIラインの脱毛もしている方も少なくありません。

 

このように、もはや当たり前のようになっている芸能人のVライン脱毛ですが、自分で処理をしているという話はほとんど聞きません。エステサロンで施術を受けるというのが主流です。

 

Vライン脱毛後のアフターケアなどにも人一倍気を使っていかないとならないことを考えると、自分でのケアは難しいのでそれもうなづけます。